土浦青年会議所について -About Tsuchiura JC-

土浦青年会議所は、昭和33年に全国で141番目の※LOMとして誕生し、2017年度に創立60周年を迎えました。

 

その活動エリアは土浦市・かすみがうら市・阿見町・美浦村の4市町村にまたがる広域LOMです。会議所の年齢制限である20歳から40歳までの青年として、先輩諸兄が紡いできた「英知」と「勇気」と「情熱」の結晶が土浦青年会議所の歴史です。

 

過去を振り返ると、この60年間「修練」「奉仕」「友情」の三信条のもと、より良い社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んできました。

そして、今後も時代の変化に対応した魅力ある組織であり続けるため、過去の運動を基底に地域の活性化や人財育成の本質を見直し率先して運動を続けていくことで、個別の実情に応じて未来を切り拓いていきます。

 

我々土浦青年会議所には責任と誇りがあります。

この地域をより良い形で次世代に遺していくために、人生の中で最も輝きを放つ青年期を生きる我々が、今しかできない、今だからこそできることを全うし「志」に対する共感を結集させ連携を深めることで、創立70周年、そして100周年、さらにその先に繫げてまいります。

※LOM=Local Organization Memberの頭文字をとったもので、国家青年会議所の中に属する各地青年会議所

ibaraki.jpg

県市町村名をクリックすると各公式ホームページへ移動します

LINE_ALBUM_211230_0.jpg

2022年度理事長所信

一般社団法人土浦青年会議所

理事長 植木 健

Challenge

~青年として臆することなく行動しよう~

 土浦青年会議所は65年目を迎えます。新型コロナウイルス感染症の流行で急速に浸透したニューノーマルな生活様式や、企業もテレワークやDXの推進といったオンラインへのシフト、事業継続性の高い経営の重視など変化が迫られています。土浦青年会議所には、継承していく伝統とこれまで先輩諸兄姉が築き上げてきた歴史があります。私たちは、この崇高な組織を70周年という未来に向けて進化させていくことが現役で活動する使命であります。青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現が基本理念であり、地域の未来を考えられる人財の多い「持続可能な社会」へとなることであると考えます。しかし、全国的に会員の減少に歯止めがきかず、組織は年々縮小傾向にあります。守るべき点と組織改革において変えるべき点を見極め、今の時代に合った組織へと進化させていく必要があり、青年会議所としての真価が問われています。

 私の入会当初を思い返してみると、ただ仕事やプライベートが充実していれば良いと考えていました。近年入会したメンバーほど、アクティブに活動をしていなかったように感じます。ですが、多くの先輩諸兄姉に出会い、物事の本質を理解して行動をすること、地域の未来を夢見て行動をすること、決して自分のためだけではなく、利他の精神をもって行動をすること、私たちの周りにある縁をつなぎ、一人ひとりの幸せを連鎖させる行動をすること、すべての物事には真摯に向き合うこと、そして自分自身に誇りをもって行動をすることなど、青年会議所活動を通して多くの気づきや学びをいただきました。

 青年会議所は個々の集合体であり、メンバーはそれぞれの魅力を持った人財であり、職業や年齢も違い価値観さえも違います。その中で同じ目的や目標を持って切磋琢磨しながら活動をすることで、感性が養われ想像力が豊かになります。その感性を活かし行動をすることは地域に良い変化をもたらすことができるとともに、組織のさらなる進化へとつながります。

2022年度組織図

組織図.jpg